ページ

自己紹介

自分の写真
朗読家 / 元日本航空国際線客室乗務員 / ( 一社)日本朗読検定協会企画部部長/同プロフェッサー(シニアリーダー)/ 朗読検定上級検定員 / 朗読検定準1級 / 日本朗読検定協会認定教室プチプラージュ主宰/朗読家・朗読講師のほか、朗読イベントのプロデュースや読み聞かせボランティア、小学校の講師など幅広く活動している。 受賞歴【日本朗読検定協会主催「第1回朗読の輪コンテスト」個人の部・準優勝】【ユーハイム主催「ゲーテの詩 朗読コンテスト」敢闘賞】【 国際芸術連盟主催「第1回JILA朗読コンクール」詩部門1位】 ☆☆☆趣味☆写真 [写真学校に通い暗室でプリントの経験もあり。一眼レフを使いこなせていないのはなぜ?] ☆観劇・映画鑑賞 [物語の世界にどっぷりはまってしまうタイプ] ☆旅行 [普段着のまま、海外へも・・。旅は気ままに、そして身軽にがモットー] ☆ワイン [安くて美味しいワインを飲みながら美味しいものをたべる] ☆☆行動力と明るさが取り柄☆☆   

2016年3月24日木曜日

ちくしの朗読コンテスト&「ここは佐賀??」珍道中


3月21日、福岡県「ちくしの朗読コンテスト」の審査員を勤めさせて頂きました。

左から福岡県の朗読コンテスト優勝の大学生の方、福岡の小島さん、鹿児島の餅田さん、私です。

約70名の審査はあっという間で、もっともっと聴かせて頂きたいと思わずにはいられませんでした。

高校生の朗読と一般の方の朗読は全く違うものでしたが、どちらも素晴らしく魅力的で心に残るものでした

貴重な機会を頂き、心より御礼申し上げます。

実行委員会の高校放送部の先生方、ご出場の皆様、本当にありがとうございました。

これからも楽しみながら朗読を続けて頂きたいと、願っております。



コンテストの最後、餅田さんはご出演の皆様からのご質問にお答えし、小島さんは講評をお伝えしました。

お二人のお話、とても勉強になりました。



私は、日本朗読検定協会賞を授与させて頂いたり、「花さき山」の朗読実演をさせて頂いたりと、とても緊張した1日でした。

こうして長く短い1日が無事終わろうとしていたのですが、最後に、のんびり屋さんならではのハプニングが(^_^;)・・・・・・・・




☆珍道中のお話の始まり、始まり~(^_-)-☆

無事お勤めを終え、3人で天拝山という駅から電車に乗ったのは良かったのですが、お喋りに夢中で、すっかり乗り換えるのを忘れ・・・

車掌さん「ここが終点ですが、向かい側の電車に乗り換えたほうがいいですよ!
私達「あー、大変!
急いで、お向かいの電車に乗り込みました。
私達「この電車って、どこ行き??」「八代行きって書いてある!」「大変、熊本に行っちゃうー
バタバタと降りて熊本へ行かずに済んだのですが・・・
私達「ここは、一体どこ?」「鳥栖!」「佐賀県まで来ちゃった~(^_^;)
こうして1時間遅れで博多に着いたのでした!

私が「乗り換え案内」を見て電車に乗ったので、責任は私にあります。。。
4分後に乗り換えなければならないのに、約30分間お喋りに夢中だったという、何とも微笑ましい(?)私たち(^_^;)
30分後が終点でなければ、私たちは一体どこへ行っていたのか・・・
優しいお二人は笑って済ませて下さいましたが・・・(^。^)

色々な意味で思い出に残る1日となりました。

 博多駅の夕方のイルミネーション

  夜遅く、ホテルの窓から撮ったイルミネーション

 博多の夕焼け





お読みいただきありがとうございます(*^_^*)
よろしければ下記の朗読タグを押し、
[葉月のりこ朗読日記」の記事をポチっと応援お願い致します
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ


成城・用賀。浜田山
プチプラージュ朗読教室HPこちら