ページ

自己紹介

自分の写真
朗読家 / 元日本航空国際線客室乗務員 / ( 一社)日本朗読検定協会企画部部長/同プロフェッサー(シニアリーダー)/ 朗読検定上級検定員 / 朗読検定準1級 / 日本朗読検定協会認定教室プチプラージュ主宰/朗読家・朗読講師のほか、朗読イベントのプロデュースや読み聞かせボランティア、小学校の講師など幅広く活動している。 受賞歴【日本朗読検定協会主催「第1回朗読の輪コンテスト」個人の部・準優勝】【ユーハイム主催「ゲーテの詩 朗読コンテスト」敢闘賞】【 国際芸術連盟主催「第1回JILA朗読コンクール」詩部門1位】 ☆☆☆趣味☆写真 [写真学校に通い暗室でプリントの経験もあり。一眼レフを使いこなせていないのはなぜ?] ☆観劇・映画鑑賞 [物語の世界にどっぷりはまってしまうタイプ] ☆旅行 [普段着のまま、海外へも・・。旅は気ままに、そして身軽にがモットー] ☆ワイン [安くて美味しいワインを飲みながら美味しいものをたべる] ☆☆行動力と明るさが取り柄☆☆   

2014年11月15日土曜日

コンクール入賞記念公演「朗読の祭典」レポート♪

14日18時30分から、国際芸術連盟の「朗読の祭典」が開催されました。

8月に行われた朗読コンクールの入賞・入選記念公演です。

終演は21時30分という遅い時間でしたが、ほぼ満席のお客様に最後までお聴きいただき大変感謝しております。

溝呂木さゆりさんと一緒に出演することができて、本当に幸せでした(*^。^*)







私は、ピアニストの新弥生さんと、詩「夕焼け」「永訣の朝」を。。。

曲もピッタリで、日常のワンシーンを思い浮かべていただけたなら幸いです!




        文芸部門3位の溝呂木さんは、ピアニストの斎藤舞さんと「雪女」を。。。

       音楽も溝呂木さんの作曲で、斎藤さんのピアノと息もぴったり!

       自分のイメージ通りの曲がつけられるなんて最高ですね!

       「こわーい」雪女なのですが、子供への愛情が感じられ、泣きそうになりました。

       やはり、「朗読は芸術」ですね!




プログラム





    
           入賞の楯と賞状をを頂きました。「詩部門1位」「古典部門3位」


面識のない方からも、感動したというメールを頂き、とても有り難いことだと思っております。

これからも、精進いたします(^-^)



「朗読バナー」をポチっと押して、これからも応援よろしくおねがいします♪ 
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ